So-net無料ブログ作成

長友佑都の移籍 最新情報!? 移籍の金銭問題が浮上 [スポーツ]

この記事は、3分で読めます。

長友佑都選手最新情報!!

長友佑都選手は、右大腿部の肉離れから、
回復を図っている長友佑都選手。
今回の代表合宿には、出発していなかった。

21日にインテルのマンチーニ監督によると

(長友は)出さないことにした。
我々はハリルホジッチ監督と話をしたが、
出せる状態ではないことを理解していただいた。
彼は良くはなっているが、まだチームで全体練習をこなしていない
重要な選手であり、今の状況で欠場は間違いなく堪えている

と話をしていた。


1.jpg
※この画像は、http://www.footballchannel.jp/2015/03/24/post78691/より引用

就任後も長友佑都選手が故障しない限りは、使い続けていたことから、
監督としては、一定の信頼はあったようだ。

故障から復帰したダンブロージオや冬にインテルに戻ってきた、サントンも、
攻守両面で、90分間安定して、パフォーマンスを保っている状態には、
戻っていない。

ドドに関しては、マンチーニ監督の信頼を失った末に半月板も故障していた。
放出も噂されていたが、長友佑都選手にとっては、代表中断期間の 2か月間が勝負と言えそうです。


2.jpg
※この画像は、http://livedoor.blogimg.jp/kaskas55/imgs/5/5/55654606.jpgより引用

スポンサーリンク





そういえば、4年前、インテルとの間に完全移籍を取り付けて、
大きな利益を得た、古巣のチェゼーナ。

インテルからの移籍金が700万ユーロ(約9億1000万円)もらっている。
それに加え、ジラセク・ガッリターノ・カルディローラの保有権にサントンの
レンタル料も付いて、実質1,000万ユーロ(約13億円)もの利益を手にしている。

地方のクラブとしては、相当額の収入らしい。
※日本でもここまでは、ないのではないでしょうか・・・


スポンサーリンク


ここで、一つ問題が発生しました。
長友佑都選手の保有権を取引するためにレンタル元だったFC東京から
パスの買い取りをしないといけなかったはずだが、現状は、2011年1月に
完全移籍のオプションを行使すると、契約を交わしたはずだった。
ですが、4年たった現在も、約160万ユーロ(約2億800万円)の
移籍金が支払われていないようだ。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

FX