So-net無料ブログ作成

トミー・ジョン手術を受けた選手たちはいったいどうなった? [スポーツ]

この記事は、3分で読めます。

3月8日にダルビッシュ有選手が、右肘(ヒジ)靱帯(ジンタイ)分裂の大けがを

してしまい、その怪我の為の手術するかどうかの話の中で、

フランク・ジョーブ博が手術法を開発した「トミー・ジョン手術」

それを受けるかうけないかで、話題になっている。

今回は、そのトミー・ジョン手術の受けた選手とその結果について記述していきます。

2.jpg
http://tanakamasanori.seesaa.net/article/401567344.htmlより引用


実は、メジャーにわたった日本人投手もトミー・ジョン手術を受けていた。

多くの投手がトミー・ジョン手術を受けているようだ。

中には、荒木大輔や館山昌平のような何度も同じ手術を受けた投手もいる。

当然のことだが、「1年間を棒に振る」事を考えると、選手本人や球団には、

大きな抵抗感があるはずだ。

実は、今回ダルビッシュもトミー・ジョン手術を受けるかどうか、悩んでいるようだ。

その記事は、こちら

メジャーにわたった日本人投手も、トミー・ジョン手術を受けているが、

全員が復活したとは、言えなかった。

復活した選手は、田澤純一選手。

1.jpg
http://number.bunshun.jp/articles/-/280420より引用

救援投手として見違えるように復活し、活躍している。

その他には、和田、藤川、松坂の三人は、完全には復活はしていないが

復活に向けて進んでいる。

後は、メジャーの外国人について成功事例があるので、少し紹介します。

ワシントン・ナショナルズのジマーマン選手、メジャーデビューの年に右肘(ヒジ)に

違和感を覚え、手術を行いました。


スポンサーリンク





無事に復活して、最多勝も取得しエースとして活躍されました。


2009年のドラフト全体1位で、100マイルの剛速球で知られているストラスバーグも

2011年にトミー・ジョン手術を受けたようだ。

その後、20112年に復帰し、2014年には、最多奪三振のタイトルをゲットした。

ナショナルズのWエースは、このトミー・ジョン手術で、復活することができた。

だが、この手術は、失敗例も多くある。

しかし、成功事例を見ていると、若い選手が成功する可能性が高いということ。

最近では、高校生や大学生がトミー・ジョン手術を受ける選手もいるようだ。

だが、手術後のリハビリテーションも重要になってくる。

ダルビッシュは、まだ20代です。

これからのメージャーで成績を積み上げていく投手だと思います。

医師や専門員の意見をよく効いてベストな選択して、無事に復活してほしい。

3月14日にダルビッシュが、トミー・ジョン手術を受ける決意をしたようです。

その記事は、こちら


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

FX